【動画】松下洸平が歌が上手いと話題なのはなぜ?歌手デビューの真相や下手という意見についても!

俳優として活躍されている松下洸平(まつしたこうへい)さん。

高い演技力もさることながら甘いルックスで多くの女性を虜にされている今人気急上昇中の俳優さんです。

最近ではバラエティ番組「ぐるナイ」のゴチになりますにレギュラーメンバーとして出演されていたのも印象的です。

そんな松下洸平さんですが、テレビ番組などで披露した歌がうまいと話題になっているようです。

歌がうまい松下洸平さんについて気になった方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、松下洸平さんの歌にまつわる経歴について意外なこともわかったのでご紹介していきます!

さらに、中には下手だとの意見もあるようなのでその理由についても深掘りしていきます。

目次

【松下洸平】歌うまいと話題!

俳優の松下洸平さんですが、歌がうまいことで話題となっているようです。

このように歌のうまさに驚く声が多くありました。

そんな松下洸平さんの歌のうまさが広まった経緯をご紹介していきます。

朝の番組で披露した歌声にうっとり

松下洸平さんは歌のうまさに定評があり、テレビ番組や音楽番組で度々歌声を披露されています。

そんな中特に印象的だったのが、朝の情報番組「ZIP!」で披露された『白い恋人達』の歌唱。

吉田沙保里さんのギター演奏とのコラボで、歌の一部だけ披露されたのですがその時の甘い歌声がうますぎると話題に

俳優として有名になった松下洸平さんなので、俳優さんでこんなに歌がうまいんだと驚かれた人も多いようです。

nanako
うっとりしちゃいますね

wacciとライブでコラボ

人気アーティストwacciさんのライブに出演し、自身が出演されていたドラマ「やんごとなき一族」の挿入歌をwacciさんとのコラボで披露されていました。

人気アーティスとのコラボですが、歌唱差の違和感もなく見事な歌声を披露されていました。

さらにコメント欄では絶賛の声が多く、

何度聞いてもいい歌。橋口さんと松下さんの歌声が一人一人素敵。二人で歌うともっと素敵。

wacci × 松下洸平 『恋だろ』 Live at EX THEATER ROPPONGI 2022 しょうこ

松下さんの千切りが得意なのは、知っていましたが歌がこんなに上手なのは千切り以上の衝撃です。素敵です。

wacci × 松下洸平 『恋だろ』 Live at EX THEATER ROPPONGI 2022 sayumogu

お2人のハモリも合っていて素敵だと大絶賛されていました。

nanako
好きになっちゃいますね

【松下洸平】歌うまいと言われるのも納得の経歴

歌がうまいと話題の松下洸平さんですが、経歴を調べたところ歌がうまいと言われる納得の経歴を持たれていることがわか理ました。

ここからはその経歴についてご紹介していきます。

音楽の専門学校に通っていた

松下洸平さんは高校卒業後、東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)のヴォーカル学科に進学されています。

母親が画家で自身も高校では美術科だったこともあり元々は美術の道に進もうとされていたそうですが、高校三年生の時に見た「天使にラブ・ソングを2」に感動し、歌に興味を持って音楽の道に進まれたとのことです。

演技の学校ではなく音楽の専門学校に通われていたとのことで、歌の技術をしっかりと学ばれていたからこそ歌がうまいのも納得です。

歌手としてデビュー

東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美を卒業後は、2008年の当時21歳の時に「洸平」名義でアーティスト活動をスタートされました。

元々進もうと思っていた美術の経歴を活かし、曲の間に絵を描いていく「ペインティング・シンガーソングライター」として他にない新たなスタイルで活動されていたようです。

アーティスト活動を始めた2008年6月には3ヶ月連続で配信限定曲をリリースし、その後同年11月にはシングル曲「STAND UP!」でCDデビューをされました。

【松下洸平】下手で微妙との意見も!

歌がうまいと話題の松下洸平さんですが中には下手との意見もあるようです。

歌には人の好みもあるのでこう言った意見が出るのもよくあることですね。

nanako
プロの歌手でさえも言われていたりしますからね…

では歌が下手だという意見もあるのはなぜなのか、調べていった中で出てきた3つの特徴をご紹介していきます。

音程が外れている

まず一つ目は「音程が外れている」との意見。

松下洸平さんは「洸平」名義でアーティスト活動されていた時に出演したミュージカルがきっかけで、芝居に興味を持ち音楽活動を休止されていました。

芝居でも才能を発揮され、今では俳優として一躍有名になった松下洸平さんですが、最近ではアーティスト活動を復活されて精力的に活動されています。

「松下洸平」名義でメジャーデビューをされたのですが、デビューシングルの「つよがり」音程が難しい曲なので音楽番組で生で披露された時などに音程が外れていると気になった人もいたみたいです。

nanako
俳優活動が中心となったため仕方ないのもありますね

抑揚がなくキレがない

二つ目は「抑揚がなくキレがない」との意見。

松下洸平さんはアーティスト活動再会後、デビューシングルに引き続きミニアルバム「あなた」をリリースされています。

松下洸平さんの楽曲を拝見して印象的なのがバラード系のリズミカルだけどローテンポな曲が多いところ。

曲調のブレが大きくあるわけではないので、歌っていても抑揚やキレを出すというよりは落ち着いて力を抜いた歌い方になるような曲が多いからなのではと思います。

声量がない

3つ目は「声量がない」との意見。

こちらも先ほどの「抑揚がなくキレがない」同様に、バラード系のリズミカルだけどローテンポな楽曲が多いからだと思われます。

曲調的にも落ち着いているので、声量を出しづらい傾向にあります。

さらに、テレビ番組などで披露した曲がバラード曲ばっかりだったのでより声量がないと思われたようです。

しかし、松下洸平さんは2009年にBROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』に出演され、その後何度もミュージカル出演を果たされています。

ミュージカルは声量が求められる曲調が多い印象ですが、松下洸平さんは見事に歌唱されています。

なので、自身の楽曲のイメージが声量がない印象になっただけなのではと思われます。

nanako
今後の自身の楽曲では声量が求められる曲を聞いてみたいですね

まとめ

今回は松下洸平は歌うまいと話題!音楽専門学校を卒業して歌手デビューしてた?下手との意見についても!といった内容でお届けしました。

松下洸平さんは歌がうまいと話題になっています。

「ZIP!」で吉田沙保里さんのギター演奏と合わせて披露した『白い恋人達』の甘い歌声がうまいと多くの意見が。

さらに、wacciのライブでは自身出演ドラマの挿入歌をコラボ披露し、ハモリが素敵すぎるとのコメントが多くありました。

そんな松下洸平さんのは音楽の専門学校である東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)に入学しています。

卒業後の2008年には「洸平」名義でペインティングアーティストという珍しい肩書きのアーティストとして活動をスタートされています。

歌がうまいとの世間の声が多い中、下手との意見もありました。

その理由として

・音程が外れている

・抑揚がなくキレがない

・声量がない

と言った3つの理由が挙げられていました。

しかし、それら全ては自身の楽曲の特徴がテンポが難しい曲バラード系でリズミカルだけどローテンポな曲が多いからだと思われます。

歌手としても活動の幅を広げられている松下洸平さん。

今後どのような歌声を披露していくのか楽しみです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次