【スパイファミリー】ヨルの声優・早見沙織の経歴や素顔とは?他代表キャラも紹介!

2022年4月に第1期第1クール、同年10月より第2クールが放送のアニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」

第1クールが放送されてから、面白いストーリー展開や個性豊かなキャラクター達が話題となり一気に大人気アニメとなりました。

そんなアニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」に登場するヒロイン・ヨルは、とある出来事がきっかけで主人公・ロイドの仮の妻となり、仮の娘となった幼い少女・アーニャと共に新たな名前『ヨル・フォージャー』として3人で”即席家族”となり生活を共にしていきます。

普段は穏やかで優しいく温厚な性格のヨルですが、実は裏では超最強の殺し屋『いばら姫』として暗殺組織「ガーデン」に所属し、幼い頃から裏で殺しを仕事にしている一面も持っています。

普段とのギャップが人気なヨルですが、穏やかな雰囲気の性格に合った“透明で凛とした美しい声”も話題になっています。

そのため演じている声優は誰でどんな人なのか気になる人も多いようです。

そこで今回は、

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」のヨルの声優はどんな人?

ヨルの声優は他にどんなキャラクターを演じているの?

といった疑問に答えるべく、アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」のヒロイン・『ヨル・フォージャー』の声優の経歴や素顔、他に演じたキャラクターについてご紹介していきます

目次

【スパイファミリー】ヨルの声優・早見沙織の経歴について

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」でヒロイン・『ヨル・フォージャー』の声を担当されているのは声優の早見沙織さんです。

早見沙織さんは中学生の時から数多くのアニメ作品に出演されており、高い演技力が評価されヒロインやメインキャラを中心に演じられている大人気女性声優です。

実際に世間からは、

このように、透明感がありリアルな感情表現の演技が凄いと高評価の声が多くありました。

その中でも特に、2016年に公開されたアニメ映画「聲の形」(制作:京都アニメーション)で演じた主人公・西宮硝子の演技力に対する好評の声が多くありました。

早見沙織さん演じる西宮硝子は、先天性聴覚障害を持つ少女。3歳の時から障害を持ち、補聴器をつけても会話が聞き取れず言葉も上手く発する事ができないことが原因で学校のクラスメイトからはいじめられている。それでもクラスに溶け込もうと努力をするが、上手くコミュニケーションが取れずに失敗するばかり。このように西宮硝子は細かな感情表現や、聴覚障害で会話が困難である為演じる上で難しい役どころですが、早見沙織さんは実際に聴覚障害の方とお会いし声や喋り方を演技に活かされていたそうで、この演技がリアルで細かな感情表現が凄すぎると、早見沙織さんの代名詞ともなる作品になりました。

そんな早見沙織さんのプロフィールを簡単にまとめてご紹介します。

名前:早見沙織(はやみ さおり)

生年月日:1991年5月29日

年齢:31歳(2022年10月時点)

出身地:東京都

身長:164㎝

声優活動:2007年~

所属事務所:アイムエンタープライズ

中学生の時から声優の道へ

早見沙織さんは2004年4月の当時12歳(中学1年生)の時に『日本ナレーション演技研究所』ジュニア声優クラスに入所されています。

nanako

ジュニア声優クラスでは、クレヨンしんちゃんの野原みさえ役などで知られる声優のならはしみきさんをはじめとするプロの講師陣から演技指導を受けていたそうです。

その後、2006年3月の当時14歳(中学2年生)の時に大手声優事務所『アイムエンタープライズ』のオーディションに合格し、入所されています。

アイムエンタープライズに入所後は、「こはるびより」のドラマCDで声優として初の仕事をスタートさせ、2007年の当時15歳(高校1年生)の時にはテレビアニメ「桃華月憚(とうかげったん)」で超新人ながらにヒロインの川壁桃花役で華々しいアニメ声優デビューを果たされました。

初のアニメでのアフレコでいきなりヒロインといったアニメの主要人物に抜擢された早見沙織さんは、当時からずば抜けた演技力をお持ちで新人ながらに異例の大抜擢となったようです。

高い歌唱力で歌手デビュー

早見沙織さんは現在歌手としても活動されています。

幼い頃から歌う事が大好きだった早見沙織さんは中学生の時にジャズボーカルを習っており高い歌唱力にも定評があったことから、デビュー当時から数多くのアニメ主題歌やキャラクターソングを披露されてきました。

nanako

2009年にはテレビアニメ「そらのおとしもの」で、女優•声優•歌手とマルチに活躍されている吉田仁美さんとユニット「blue drops」を組み、主題歌を担当されています。

披露される度に早見沙織さんの圧倒的な歌唱力に歌手デビューを願う声が多くなり、2015年4月に放送された自身のラジオ番組「早見沙織のふり〜すたいる♪」内で、歌手デビューを発表されました。

その後、テレビアニメ「赤髪の白雪姫」で主人公・白雪を演じた早見沙織さんは、2015年7月より放送されたアニメ第1クールの主題歌「やさしい希望」で歌手として初となるデビューシングルを同年8月にリリースしました。

初シングルながら、8月24日付のオリコンウィークリーチャートで初登場11位を獲得するなど歌手としても華々しいデビューを果たされています。

nanako

アニメ「赤髪の白雪」は第2クールが2016年1月より放送されたのですが、こちらの主題歌「その声が地図になる」も早見沙織さんが担当されています。

その後は現在に至るまで個人のソロライブ大型音楽イベントに参加するなど本格的に歌手として活動されています。

声優になったきっかけ

元々早見沙織さんは幼い時からアニメや映画が好きで、アニメ「美少女戦士セーラームーン」や海外映画などをよく見ていたそうです。

母親がオードーリー・ヘップバーンが出演している映画が好きだったこともあり、特にオードーリー・ヘップバーンの映画を”吹き替え版”でよく見ていた早見沙織さんは、その時に裏で声優さんが声を吹き込んでいることを知ったそうで、声優というお仕事に興味を持たれたようです。

声優さんが声を吹き込んでいると知る前は、実際に映画に出演している外国の俳優さんが日本人に向けて日本語で声を当てていると思っていたそうです。

その後、声優に興味を抱いてた早見沙織さんは小学6年生の3月頃に、とある雑誌で「日本ナレーション演技研究所(以下:日ナレ)」が募集しているページを見て声優ジュニアクラス(小学4年生から応募可能)があることを知り、養成所に行きたいと思うようになったそうです

しかし、母親に声優養成所に行きたいと言えずにいた早見沙織さんですが、数ヶ月後にまた同じ雑誌を読み“日ナレ”が募集しているページを開いたまま机の上に置いていたら、それをたまたま目にした母親から「行きたいの?」と聞かれ、早見沙織さんは「うん」と答えたそうです。

最初は「そんな甘い世界じゃないよ」と母親から念を押されていたそうですが、それでも声優になりたいという気持ちが揺らぐ事なく前向きな早見沙織さんを見て、最終的には背中を押してくれたそうです。

【早見沙織】ヨルの声優・早見沙織の素顔とは?

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」では、ヒロイン・『ヨル・フォージャー』を演じている早見沙織さん。

裏では最強の殺し屋だけど、普段は穏やかで優しく温厚な性格といったギャップをもつヨルですが、演じる早見沙織さんはどんな人物なのか気になるのではないでしょうか?

ここからは、透明感ある声が大人気の早見沙織さんの素顔に迫っていきます!

超天然なところも!

早見沙織さんは透明感のある声質により、クール系でおしとやかな美少女や、精霊・天使など神秘的な役柄を演じる事が多く、早見沙織さん自身もキャラクターのイメージに合ったおしとやかで穏やかな印象を持たれているようです。

実際にご本人も穏やかでおしとやかな雰囲気があり、優しい人柄が滲み出ていることでファンだけでなく同業者からも人気の高い早見沙織さん。

そんな早見沙織さんですが、ラジオやアニメのイベントで見せた天然な姿が度々話題となっています

アニメ「宇宙よりも遠い場所」のBlu-ray &DVDに収録された出演声優によるロケ企画「南極ハイスクール」内にて、キャストの4人がけん玉を披露する場面がありました。

けん玉をやったことがないのか、「どうやんのこれ?止まんのこれ?」と言う早見沙織さんに対して、同じくキャストの水瀬いのりさん達から「真上に!」と言われ、勢いよく真上にけん玉を投げて天井に思いっきり「バンっ!!!」と大きな音を立ててぶつけてしまいました。

さらに、プライベートでの超天然なエピソードも披露され話題となりました。

大学に進学されている早見沙織さんですが、受験当日に会場を勘違いしてしまったそうです。そのため大急ぎで実際の会場まで向かいなんとか受験に間に合う事ができ、無事に合格されています。

後に、このエピソードについて「人生最大の失敗」と明かされています。

ヤバすぎな絵心

自身が演じるアニメキャラのタイプ同様に、穏やかでおしとやかな早見沙織さんですがアニメのイベントなどで見せるイラストが度々話題となっています

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」で主人公のロイドの声優を務める江口拓也さんは独特な絵を描くことで有名なのですが、早見沙織さんも負けず劣らずな絵のセンスを披露されています。

実際に早見沙織さんが描かれた「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」のキャラクターのイラストがこちらです。

https://twitter.com/spyfamily_anime/status/1520409997582118912?s=21&t=qkKhZ69EOef9j5GnlVvyYA

このようにかなりクセのあるイラストを描かれているのですが、こちらの投稿には10万以上のいいねが付くなど大変話題となっていました。

そんな早見沙織さんですが、小学生の時に絵画のアジア大会で金賞を受賞された事があるようで、同じく声優の花澤香菜さんからは「(受賞歴を)何かの間違いじゃないの?」と疑われていました。

お嬢様で高学歴

早見沙織さんは小学校から高校の途中までは、お嬢様学校として知られている私立の『白百合学園』にエスカレーター式で通われています。

※白百合学園は芸能活動が禁止の為、本格的に声優活動を始めた高校生の時に転校されています。

白百合学園では「ごきげんよう」と挨拶する決まりがあり、在学中の中学2年生の時から大手声優事務所「アイムエンタープライズ」に入所されている早見沙織さんは、中学生の時に同じ事務所の先輩で声優の下野紘さんと初めて会った時に「ごきげんよう」と挨拶されたそうです。

この時のエピソードについて、後に何度もラジオなどで下野紘さんが語られています。

nanako

中学生ながらに大人のような落ち着いた雰囲気の早見沙織さんに初対面で緊張されたそうです(笑)

さらに、高校卒業後は日本屈指の難関高である「早稲田大学」の人間科学部に進学されています。[偏差値60]

高校時代から声優として多忙な日々を送られていましたが、大学進学に向けて勉学にも励まれていたそうです。

そんなお仕事で多忙な中で大学受験では一般試験を受け、見事現役での合格を果たされています。

nanako

努力家で天才な一面も素敵です!

【早見沙織】ヨルについて

https://twitter.com/spyfamily_anime/status/1530569793853861888?s=21&t=wFaiznQxPjw7zzEI3abEaQ

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」でヨルを演じられている早見沙織さん。

アニメでのオーディション秘話や自身が演じるヨルについても語られていました。

ここからは、ヨルが決まるまでのオーディションでのエピソード早見沙織さんが思うヨルの魅力、さらにはキャスト発表前から世間からヨル役を期待されていたことについて紹介していきます。

オーディションのエピソード

早見沙織さんはオーデションを受け、ヨル役に起用されています。

そんなオーディションでは、ヨルだけでなく本作に登場するアーニャも受けられたそうです

仮初の家族で、ヨルの娘となる幼い少女・アーニャですが、温厚で穏やかなヨルとは違い、天真爛漫で好奇心旺盛な性格をしています。

母と子として家族となったように、年齢的にも差があるため演じ方や表現方法もかなり変わってきます。

早見沙織さんは高い透明感で穏やかな雰囲気の声質をされているので、ヨルのイメージと合うことからか最終的にはヨル役としてオーディションに合格されています。

nanako

早見沙織さんのアーニャも聴いてみたいですね!

キャスト発表前からヨル役を期待されていた

ヨル役として起用された早見沙織さんですが、キャストが発表される前のアニメ化発表時から原作ファンなどからはヨル役は早見沙織さんがいいとの多くの声が寄せられていました

https://twitter.com/omtiosmaekiito/status/1455521891955843078?s=21&t=qkKhZ69EOef9j5GnlVvyYA

ヨルの穏やかで温厚な性格が早見沙織さんの透明感ある声がマッチしていると、発表前から早見沙織さんをイメージする方が多くありました。

その後、2021年12月18日に行われた「ジャンプフェスタ2022スーパーステージ」内にてアニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」の新キャストが発表され、ヨル役を早見沙織さんが演じられることが分かり世間からは喜びの声が多く寄せられていました。

早見沙織が思うヨルの魅力とは?

早見沙織さんはアニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」に出演されることが発表されてから、インタビューなどで自身が演じるヨルについて多く語られています。

その中でも、ヨルという人物の魅了についても語られていました。

ヨルさんはとても純粋で一生懸命な人だなと思いました。彼女は殺し屋という「THE裏稼業」の職業には就いていますけど、その経緯や思いを知ると、その響きとは裏腹のすごく純粋な気持ちがあって、まっすぐで魅力的な人だなと感じました。

アニメイトタイムズ

ヨルは幼い時に両親を亡くし、7つ年下の幼い弟を育てるために殺し屋になっています。

世間的には裏稼業として恐れられている殺し屋ですが、弟思いの心優しいところが殺し屋となった要因でもあるためそういった所もヨルの魅力であると明かされています。

【早見沙織】他に演じた主なキャラクター

アニメ「SPY×FAMILY」ではヒロインのヨル・フォージャーを演じている早見沙織さんですが、他の作品でも様々なキャラクターを演じられています。

そんな早見沙織さんがこれまでに演じられている主なキャラクターを紹介します!

司波深雪(魔法科高校の劣等生)

https://twitter.com/mahouka_anime/status/1472356000770539523?s=21&t=wFaiznQxPjw7zzEI3abEaQ

主人公・司波達也の妹で第一高校を主席で入学した一科生。

神秘的で美しい容姿に男女とわず人気で、圧倒的な魔法力を有する才色兼備。

普段は兄の達也の事が大好きで、時には暴走してしまうほどのブラコンな一面も。

達也のことは「お兄様」と呼んでいる。

胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)

鬼殺隊最強の剣士が集った柱の1人で「蟲柱」。

鬼の頸が切れない珍しいタイプの剣士だが、自身が作った特殊な毒薬で鬼を滅殺する。

丁寧な口調でお淑やかな雰囲気だが時にはサイコパスな言動を見せる場面も。

善逸曰く、「それだけで食べていけそう」と言わしめる程の美しい容姿をしている。

鶴見知利子(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)

幼い頃に結成された超平和バスターズの1人で、クールで落ち着いた雰囲気の女子高校生。

幼少期はメガネを外してスケッチブックを常に持ち歩いていたが、高校生の時にはメガネをかけており真面目な読書好きに。

超平和バスターズのメンバーで同じ高校に通う松雪集(通称:ゆきあつ)に密かに想いを寄せている。

雪ノ下雪乃(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている)

総務高校の2年生で、「奉仕部」の部長を務めている。

成績優秀・運動神経抜群・容姿端麗と才色兼備ゆえに多くの男子から好意を寄せられている。

一方で女子からは嫉妬心からいじめの対象となっていたが、屈することなく寧ろ相手にきつく当たるところも。

その性格ゆえ、クラスメイトとは馴れ合わず1人で行動する事が多い。

井川絵見(四月は君の嘘)

トップクラスの実力を誇る中学生ピアニスト。

主人公・有馬公生とは幼い頃にコンクールで同じ舞台によく立っていた。

クールで落ち着いた雰囲気がある美少女だが、ピアノでは気分屋な所があり予選落ちしてしまうことも。

幼い時に公正の演奏を聴いてからピアニストを志し、ずっと憧れを抱いている。

まとめ

今回は、【スパイファミリー】ヨルの声優・早見沙織の経歴や素顔とは?他代表キャラも紹介!といった内容でお届けしました。

アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」のヒロイン・『ヨル・フォージャー』を演じているのは声優の早見沙織さんです。

早見沙織さんは、司波深雪(魔法科高校の劣等生)や、胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)など数多くの人気キャラクターを演じられており、透明感のある声が人気の声優さんです。

中学1年生の時に「日本ナレーション演技研究所」に入所し、声優としての基礎や技術を学ばれた後、大手声優事務所「アイムエンタープライズ」に入所。

2007年の当時高校1年生の時にテレビアニメ「桃華月憚(とうかげったん)」で新人ながらいきなりヒロインに大抜擢されました。

元々歌唱力が高いことで有名だったこともあり2015年には歌手デビューを果たされました。

普段はおっとりとした優しさが滲み出ている癒し系の雰囲気ある早見沙織さんですが、実は超天然な所も。

さらに、超独特な絵のセンスお嬢様で頭脳明細な一面もある魅力たっぷりのお人柄です。

魅力溢れる早見沙織さんが今後どのような役を演じられていくのか今後の活躍にも期待です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次