虎杖悠仁の声優・榎木淳弥の経歴や演技力は?他に演じたキャラも紹介!【呪術廻戦】

2020年10月より2クールに渡り放送された大人気アニメ「呪術廻戦」はストーリー性の高さや個性豊かなキャラクター達が話題となり、グッズ化すれば飛ぶように売れていくなど社会現象も巻き起こす今大注目の作品です。

そんな大人気アニメ「呪術廻戦」の主人公は虎杖悠仁ですが、自然体でかっこいい声も印象的ですよね。

大人気アニメの主人公という事もあり声優は誰なのか気になる方も多いのではないでしょうか

そこで今回はアニメ「呪術廻戦」の主人公・虎杖悠仁の声優は誰なのか調査して参ります!

さらに、虎杖悠仁の声優が過去に演じた主なキャラクターも紹介していきます!

目次

【呪術廻戦】虎杖悠仁の声優・榎木淳弥の経歴や演技力

大人気アニメ「呪術廻戦」の登場人物で主人公・虎杖悠仁の声優は榎木淳弥さんです。

榎木淳弥さん演じる虎杖悠仁の声に賞賛の声が多くありました。

演技が上手すぎる、声がいいといった反応が多くみられました。

そんな榎木淳弥さんのプロフィールをご紹介いたします。

名前:榎木淳弥

愛称:えのじゅん、えのきゅん

生年月日:1988年10月19日

年齢:34歳(2022年10月時点)

出身地:東京都

事務所:アトミックモンキー

デビュー:2010年

声優歴:12年

自然体な演技が定評

榎木淳弥さんは演技力の高さで数多くのアニメ作品に出演されており、多くのメインキャラクターや主人公なども演じられている声優さんです。

その中でも特に言われているのが自然体な演技が上手いという事です。

実際に世間からも多くの声が上がっていました。

このように称賛されている榎木淳弥さんですが、自然体な演技で特に評価されていたのが、呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁の演技です。

実際に呪術廻戦の制作プロデューサー・松谷浩明さんも、

松谷は榎木の演技を等身大で自然体なものだと述べており、虎杖の持つ「やんちゃさ」や「繊細さ」、「芯の太さ」や「つかみどころのなさ」といった「直球ど真ん中の主人公」的でない部分の魅力が榎木の演技によって引き出されているとWhat’s In tokyoとのインタビューの中で話している。

呪術廻戦(アニメ) Wikipedia

と、自然体な榎木さんの演技があってこそ虎杖悠仁の魅力がより引き出されていると語られていました。

そんな自然体でかっこいい声の虎杖悠仁をアニメで観ることができるのでオススメです!

U-NEXTではアニメ「呪術廻戦」が見放題です!

「31日間無料トライアルキャンペーン」に登録すると31日間のお試し期間中は無料で視聴可能です。

是非この機会に「31日間無料トライアルキャンペーン」を利用して視聴してみてはいかがでしょうか!

\今すぐ「呪術廻戦」を視聴する/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

役作りについて

榎木淳弥さんは役作りについて、YouTubeチャンネル「動画、初めてみました【テレビ朝日公式】」で語られていました。

榎木淳弥さん曰く、最初は「自分だったらどうかな?」と考えるそうです。

何かを作るというよりは深ぼっていく感じで、演じるキャラクターに歩み寄るというよりは引き寄せるタイプとのこと。

つまり、キャラクターになりきるような作る演技ではなく、自分目線の考えでそのキャラクターが自分だと思って演じているとのことです。

nanako
だから自然体な演技へと繋がっているんですね

声優になったきっかけ

榎木淳弥さんが声優を志すきっかけとなったのは、大学の友人に勧められて鑑賞したアニメ「天元突破グレンラガン」に感動したからとのこと。

https://twitter.com/gurren_project/status/1205397531196215297?s=21&t=e49LSqsNCa7E7pz16Mky8g

この作品に出演されている小西克幸さんのことが好きになり、調べたら小西克幸さんが「劇団ヘロヘロQカムパニー」に入団されているとの情報を知り、劇団の座長である関智一さんのことを知ったそうです。

関智一さんを知った榎木淳弥さんは凄い人なんだろうと思い、ちょうど関智一さんが所属されている事務所「アトミックモンキー」の養成所第三期生を募集しているのを知って、良い機会だと思い応募して見事合格し現在も所属されています。

【榎木淳弥】虎杖悠仁は難しかった?

榎木淳弥さんは虎杖悠仁は演じるにあたり難しいキャラクターだったとYouTubeチャンネル「動画、初めてみました【テレビ朝日公式】」で明かされていました。

アフレコをする際の最初の頃のテストで、死ぬ直前の泣きわめくシーンで台本にビックリマークがいっぱいついてたセリフがあったそうです。

榎木淳弥さんはそのテストで強く演じられたそうですが、ディレクターから「そこは強くやらないで」と言われたとのこと。

自分の演技プランとは真逆の解釈だったので、よし考えようと思った直後に「はい!本番行きます」と考える隙もなく言われたそうです。

まだ整理がついてなかった榎木淳弥さんは「ちょっと待った!」と思わず自分から止めたとのこと。

その後、30秒時間をもらって「よしやります!」と言ってそのシーンに挑まれたそうです。

このように台詞の解釈違いがあり、難しいと感じていたようです

【榎木淳弥】他に演じた主なキャラ紹介

虎杖悠仁を演じられている榎木淳弥さんについて紹介してきましたが、他にも数多くの作品に出演されています。

その中でも厳選して榎木淳弥さんが演じられた5人のキャラクターを紹介します

由崎星空(トニカクカワイイ)

https://twitter.com/tonikawa_anime/status/1389746873905283073?s=21&t=e49LSqsNCa7E7pz16Mky8g

主人公・由崎星空

「ナサ」とも呼べる自分の名前がコンプレックスで、NASAより凄い人間になろうと勉強に打ち込んだ努力家で秀才。

性格はポジティブでコミュニケーション能力が高い。

口癖は「NASAより早く光速になる男」

パンナコッタ・フーゴ(ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風)

パンナコッタ・フーゴ

ギャング組織「パッショーネ」の一員で、ブチャラティの部下。

IQは152という優れた頭脳の持ち主。

普段は物腰が柔らかく紳士的だが、実は短期でキレやすい性格。

夜那月ルシア(シャドウバース)

夜那月ルシア

孤高のシャドバプレイヤーで、バトルした相手を引退に追い込むほどの圧倒的な力を持つ少年。

性格は物静かで、何か秘密を抱えているよう。

綺場シオン(カードファイト!!ヴァンガードG)

https://twitter.com/vanguard_zero_/status/1452288776953270274?s=21&t=e49LSqsNCa7E7pz16Mky8g

綺場シオン

名家である綺場財閥の御曹司。

成績優秀でスポーツも万能な上、ヴァンガードの腕も一流。

性格は御曹司故に社交的で穏やかだが実は負けず嫌いな一面も。

煉獄千寿郎(鬼滅の刃)

煉獄千寿郎

炎柱・煉獄杏寿郎の弟。

兄のような剣の才能はないが頭脳は優れている。

性格は内向的で穏やか。

まとめ

今回は、虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の声優は誰?榎木淳弥が他に演じたキャラも紹介!と言った内容でお届けしました。

呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁の声優は榎木淳弥さんです。

榎木淳弥さんは自然体な演技に定評があり、数多くの作品に出演されています。

役作りはキャラクターになりきるのではなく、キャラクターが自分だと思って遠じているとのことで、そういった所が自然体な演技に繋がっているようです。

虎杖悠仁については演じるにあたり、ディレクターとの解釈違いもあり難しいキャラクターだったと語られています。

自然体な演技が魅力的な榎木淳弥さん。

これからどんなキャラクターを演じられていくのか今後の活躍にも期待です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次